FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  仲間

仲間

今日は夜に、大事な大事な集まりがありました。
奈良での、障害のある方の生活の質について考える有志の集まりが、なんと何と、うちの事務所で実施して頂けることに。

笑いあり、涙あり、血液型の話あり。
笑いあり、涙あり、「主任」あり。。

ふざけた話から、だんだんと本質的な話まで。

なんだろう。
事業を回すのに手一杯になりがちな時に。
新ためて抑えておくこと、大事にすること、利用者さんとの距離感、スタッフとの距離感、何故、何のために、何処に向かってどのようにやるのかを、再度確認できる時間をもらえた感じでした。

僕以外のえいとスタッフも何人か参加させていただき、良い刺激をもらったと思う。ほんと貴重な時間。

自分は何で事業をはじめたんだろう。
人生1回。悔いのないようにと思ってやったけど。
支援のやり方。伝え方。色んな方法がある中で、僕はどんなやり方で進めるのか。まだまだ揺れるし迷う。
ただ。支援に対して誠実であり続けることが、唯一心の支えになるのかな。

まっ。気負わず、できることを精一杯するのみですわ!!


スポンサーサイト



コメント
「なんだろう」
「なんだろう」っておそらく藤本さんの昔からの口癖ですね(笑)
早くも七ころび八お記の更新を楽しみにしています
支援の在り方や方法って本当に色々あって、答えもなくて、本当にこれでいいのって?って悩みますね>_<そん時にいつも思い出すのが、覚えてはるかわからないですが、同じ職場で働いていた時に話し合った「福祉職人になろう」って話しです。この仕事はさぼろうって思えばいくらでもさぼれる。でも一人ひとりに真摯に寄り添おうって思えば、障害のこと、その人のこと、さらには自分のことまで深く深く追求していかなければならないし、そこに喜びややりがいを感じれる支援者になろうって話しやったと思います。日々の支援に奢ることなく、迷いながら少しずつ本人さん達が本人さん達のままで豊かな生活を送れるように寄り添っていければ、僕らにとっても素敵なことですね
Re: 「なんだろう」
かりんのぱぱさま

「なんだろう」って、そんなに言ってる??
自分では気づかないもんですねぇ。。

今思うことは。
本人ができることは努力して頑張って。その方なりの力が発揮できる環境があって。誰かに必要とされて。誰かの役に立って。他の誰かから「ありがとう」って言われる。それで、成人の方とかだとお金がもらえる。
そういうのが大事。

あと。そういう環境の中で。僕らが関わる方のことをどれだけ「好き!!」って思えているか。肯定的に。その方の全部をひっくるめてね。
これって障害あるなしに関わらず、だとも思いますが。

人の人生に寄り添うわけですから、迷いつつ。ですねぇ。
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ふじもと

Author:ふじもと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR